[書評] まんがでわかる 7つの習慣 を読んでみた【感想】

読書

まんがでわかる 7つの習慣

   (まんが)小山鹿梨子(監修)フランクリン・コヴィー・ジャパン(発行)宝島社

世界で3000万部の人生のバイブルが初のまんが化!! 文字だけの本よりも、マンガが入ることで読みやすかった。が一番の感想です。

ロングセラーである良書なので内容を簡単に知るにはおススメな本。本屋でみつけ、手に取ってパラパラめくってみたら、マンガと適度な文章にこれなら読めそうと購入しました。

はじめの取っ掛かりとして読んでみてはいかがでしょうか。

あらすじ

亡き父が開いていたバーを再開すべく修行を始めるた歩(女子)が、様々な人との出会いを通して少しづつ「生き方」「考え方」を少しづつ変えていく物語となっています。その根底に7つの習慣があり、1~7の習慣まで分かりやすく、簡潔に描かれています。

ひさひさ
ひさひさ

まんが部分が多いので、気負う事なくサラッと読み進められました。

第一の習慣

主体的である

ささいな行動でも、感情的な反応に身をゆだねたり、受け身で行動するのではなく、自分で振る舞いを選択する意識だ。

まんがでわかる7つの習慣より

なにか嫌なことがあって怒るとする。それも自分で選んでいる感情と捉えられるかだね。

やる、やらない。怒る、怒らない。どれをとっても常に選択をしているのは自分自身なんだ。と意識することが第一の習慣なんですね。

第二の習慣

終わりを思い描くことから始める

努力を積み重ねても、ゴールを意識していなければ、間違った方向に進むだけだ。「何のために行動するのか」を自覚し、ブレない生き方をするために、自分が大切にする原則を定義しよう。

まんがでわかる7つの習慣より


まずは、自分がどうなりたいのか。人生の「終わり」をはっきりさせることが大事なんだね。

それがはっきりしていれば、迷った時に原則・原点に立ち返られるものね。

第三の習慣

最優先事項を優先する

忙しさに身をゆだねていると、その場は充実するかもしれないが、人生を振り返って「あれもしたかった」「これもしたかった」と後悔が残る。「もっと緊急ではないが重要な事」に時間を使おう。

まんがでわかる7つの習慣より

ふつうの人は 忙しい、忙しいといつも「緊急で重要な事」に追われてしまう。

緊急ではないが重要な事」はついつい後回しなんだ。

「緊急で重要」な事がいっぱいだと疲れもたまるから、結局すき間時間はダラダラと無駄に時間を使っちゃうのよね...

いつもは無理でも、「緊急ではないが重要な事」を意識すると本当の意味での充実な時間を使えるのかもしれないね。

第四の習慣

WinーWinを考える

あなたは”交渉”には勝者と敗者がつきものと考えていないだろうか。自分の利益を主張するばかりでは、周囲の信頼は得られない。

まんがでわかる7つの習慣より

多くの人間関係には、「勝者がいて一方で敗者がいる」と考えられるよね。

自分が勝って相手が負ける。上下関係はそういう事を望んでいる事が多いんだ。

逆に、自分が気持ちを押し殺し、負けを演じる事でWin-Winと誤解していることもあるわね。

自分も相手も双方にメリットがあることを一番に考えるべきだね。

第五の習慣

まず理解に徹し、そして理解される

本当の信頼を得て自分の影響力を発揮するには、まず相手の話を深く聞く必要がある。「自分の答え」に急がず「相手の答え」に耳を傾けてみよう。

まんがでわかる7つの習慣より

話を深く聞くって難しい。ついつい自分考えを押し付けちゃうんだよ。

Win-Winの関係を築くには、まずは信頼を勝ち取ることね。

信頼を勝ち取るには、「相手を深く知ること」=「深く聞くこと」ね。

ひたすら、聞き役に徹すること。

難しいことだけど、理解されたければまずは相手を理解することだね。

第六の習慣

シナジーを創り出す

人と組んで何かをしようというときは、どうしても共通点ばかりに目が行きがちだ。だが、相違点をぶつけ合うからこそ、互いの良さを活かしあい、シナジー効果で大きな成果を得る事ができる。

まんがでわかる7つの習慣より

シナジーって、「相乗効果」って意味だね。お互いの違いを尊重することで、大きな成果を得る事ができるんだって。

自分だけでは限界があるわよね。違いがあることを認める事で高めあうことができるのね。

第七の習慣

刃を研ぐ

第1~第6の習慣でより大きな成果を出すために、日々、自分を鍛え”切れ味”を高めていこう。素材としての自分を高めることで、それぞれの習慣で得られる実りよりも自然と大きくなっていく。

まんがでわかる7つの習慣より

体調(肉体)、観点(精神)、自律性(知性)、つながり(社会、情緒)の4つでバランスよく自分磨きを行うこと。

第一~第6の主観を心掛けながら第七の習慣、じぶんの器を育てる事が出来れば、自分の人生を自分で変える事ができるのね。

まとめ

ロングセラー・自己啓発本である「7つの習慣」はよく聞く本のタイトルです。

「7つの習慣」は本の厚みもあるし、難しそうで敬遠がちでした。

紹介したこの本は、まんがの主人公を中心に話が展開していることで、具体的に日常に当てはめることができます。

  • 信頼口座を開設し、信頼をふやしたい。
  • Win-Winよりもさることながら、さらに三方良しの考えがよきだな。

読了後は、そんな事を考えました。

本の内容や流れがつかめたので、厚みがある原本も読んでみたいな…そう思えた一冊です。

ひさひさ
ひさひさ

すき間時間で読める手軽さです。

興味が出たらぜひこちらからご購入下さいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがでわかる7つの習慣 [ 小山鹿梨子 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/6/18時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました