毎日投稿 意味ある?6日目 保護犬の里親になりました。

毎日更新

一週間の期間限定での毎日更新を始めて今日で6日目。
何でもいいから書かなきゃ!そのためにはパソコンの前に座らなきゃ!
という感じに、はんぶん脅迫観念っぽい、習慣化が出来上がってきています(笑)

保護犬の里親になりました

保護犬

保護犬とは
  • 捨て犬
  • 迷子犬
  • 野良犬
  • ブリーダーが飼いきれなくなり引き渡した犬

上記のような様々な状況・事情で、施設などに保護されている犬たちを指します。

里親

里親とは
  • 保健所
  • 動物愛護センター
  • 民間の動物愛護団体
  • 個人

上記のような施設や人に保護されている犬を引き取り、育てる人の事を指します。

きっかけ

保護犬がきた日:先住犬12年一緒に暮らしてきた犬が亡くなり、3か月たったころ
理由     :淋しさからもう一度犬を飼いたいとの思いから
見つけ方   :たまたま見た、パソコンでの【里親募集】のサイトに出逢ったこと。

【里親募集】のサイトに出逢い、初めて【保護犬】の存在を知りました。

保護犬との出会い

13年ほどさかのぼりますが、私がみたサイトでは、犬の写真と一緒に推定年齢や大きさなど
おおよその事が記載されていて、直接保護主さんとメールでやり取りする形式でした。

  • 日程を合わせて逢いに行く(顔合わせ)
  • トライアル期間(1~2週間)があり、実際に保護犬と暮らしてみる
  • 保護主さんが我が家を訪問し、譲渡するうえで条件を満たしているか判断する
  • 家族構成・家の雰囲気・先住犬(猫)との相性などチェック。
  • 犬をもらう。というより、預かる。という感覚の方が伝わりやすいかと思います。

    譲渡するうえでの条件の一部

    • 避妊・去勢施術を行う(我が家は譲渡から半年以内に)
    • 定期的に写真などで様子を報告する(我が家はひと月に一度の約束)

    感想:様々な約束事があり、結構面倒だな・・・

    保護犬の里親で良かったこと 3つ

    1. 殺処分されてしまう命を救えた
    2. 子供たちと共に、保護犬について知ることができた
    3. 里親同士のつながりが出来た。

    保護犬の里親の大変なところ 3つ

    1. 定期的に近況をメールに写真を添付して送らなければならない
    2. 生まれながらの病気がある場合がある
         (その場合獣医にかかる費用が大金になる場合も考えられる)
    3. 雑種犬の事が多いので、成犬での大きさが特定できない

    また保護犬の里親になりたいか

    犬を飼う事になったならば、保護犬の里親になりたいと思う。
    ただし、保護犬を看取る(亡くなる時まで)責任を果たせる年齢で居られること
    自分自身が高齢で、保護犬より先に亡くなるような事になれば、飼い主がいない迷子犬にしてしまうので、本末転倒。

    まとめ

    • 犬を飼うには、ペットショップ以外で保護犬の里親になるという方法がある
    • 里親になるには、様々な条件がある
    • 定期的に様子を報告する義務がある
    • 殺処分される命を救える

    現在我が家には、もと、のら猫が3匹います。
    譲渡会などで譲りうけたのではないので、里親のような様々な約束事はありません。

    保健所などから引き出して保護してくる方は、保護犬たちが幸せな暮らしが出来るように活動されています。

    それが、譲渡する時の厳しい約束にあらわれているのだと、痛感します。

    我が家の保護犬は、11年目に膀胱がんが見つかり薬による治療の末、亡くなりました。
    でも、彼から学んだ事はたくさんあります。

    子供たちが優しい子に育ってくれたのも、そのおかげです。

    我が家にきてくれた保護犬の、保健所で保護されるまでの様子、
                  一緒に捨てられていた兄弟犬との様子など、
    一冊の本に載せて頂いています。
    機会がありましたら、ぜひとも読んで頂けたら嬉しいです。


    つらつら毎日更新 6日目となりました。
    誰かに読んで頂けていたら、幸いです。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました