【ふるさと納税】300万以下のパート収入でも出来る?初心者が挑戦

家計見直し

ふるさと納税はお得らしいね

聞いてはいるものの調べてみると、
ふるさと納税の目安表は300万円以上だし・・・

ひさひさ
ひさひさ

でも、お得は味わいたい!!

300万円には少し?足りないパート収入でも出来るのかも。

そんな願望を描きつつ、パート収入244万円の私が、
実際にシミュレーションに挑戦し、ふるさと納税について調べてみました。

チェックポイント

●給与収入244万円で、およそ18.000円のふるさと納税が可能

✅パートでも年間の給与収入総額により、ふるさと納税は出来る事が分かりました。

こんな悩みはありませんか?

  • ふるさと納税は、300万円以下のパート収入でも出来る?
  • ふるさと納税をやってみたいけれど、目安表は300万円からだし…
  • いくらの収入があれば出来るの?

ふるさと納税初心者の私が、調べてみた結果を議事録的に書き留めています。
同じような事で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ふるさと納税とは?

まず、簡単にふるさと納税について書き留めておきます。
「知ってるよ~」という方は、先に読み進んでくださいね!!

ふるさと納税とは
✅地方の自治体(市区町村)に寄付ができる制度
「寄付額-2,000円」の税金が前払いとなる

✅寄付した自治体からの返礼品(地方の特産品など)があるので、実質2,000円で様々な返礼品がもらえるためお得

✅ふるさと納税は確定申告が必要
サラリーマン向けに確定申告を不要にできるワンストップ特例制度もある

お金持ちが得する制度?

300万円以下は対象外?

数年前にふるさと納税がお得という情報のもと、
ふるさと納税サイトにてシミュレーションしたところ、300万円以下は対象外。

ひさひさ
ひさひさ

なんだ…お金持ちだけが得する制度なんだ…悲しい

2021年再度調べてみた

2021年、9月。
年間の収入が上がってきたこともあり、
思い立って再度、ふるさと納税について調べてみました。

年間の給与収入は、約244万円です。
(※給与収入とは、経費、保険控除などが引かれる前の総収入の事です)

家族構成と給与収入

我が家の場合

  • 夫 自営業
  • 私 パート勤務
      (夫の扶養範囲には入っていません)
      ✅社会保険加入
      ✅月160時間勤務
      ✅年間の給与収入は約244万円

各サイト別 シミュレーション結果

サイト名シミュレーション結果
楽天ふるさと納税   18,401円
ふるなび   20,900円
さとふる   18,000円
ふるさとチョイス   19,079円
ひさひさ
ひさひさ

各サイトによって、バラツキがありますね!?

楽天ふるさと納税

ふるなび

さとふる

ふるさとチョイス

各ふるさと納税サイトでは、簡単に出来るシミュレーションが用意されています。。

「かんたんシミュレーション」以外に「控除上限額シミュレーション」があり、
さらに詳しく調べる事ができました。

昨年末の会社発行の源泉徴収票を手元に置いて、社会保険料や生命保険控除額などを入力しました。

可能と分かれば、さらに得する。

というよりは、損をしないようにとさらに詳しく調べてみました

注意点

注意点
  • 昨年の年収を参考にして限度額の算出の場合、本年の年収が下回らない事が前提
  • 本年の収入が昨年よりも減った場合、持ち出し(自己負担)が増える事があります。
  • 翌年の住民税が節税される訳ではなく、寄付という形で前払いするという意味です

注意点に気を付けながら、メリットについても再度みてみましょう~

メリット
  • 2000円の自己負担で、特産品など2000円以上の戻りが可能
  • 都会に集中しがちな税金を、地方に寄付することで活性化に役立ててもらえる

2000円の自己負担金以上の、返戻金が見込めそうなので
これから、初めてのふるさと納税に挑戦してみたいと思います。

【準備中】➡パート収入で、初めてのふるさと納税に挑戦しました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました